Under The Concrete. (2020)

Description:

「人工物は自然には逆らえない。 自然もまた、人工物には逆らえない。」

地元鳥取県では、東京都のような喧騒した雰囲気もなく、自然に溢れている地域であった。 家のすぐ側には、山が存在していた。家(人工物)と山の境目はどこだったのだろうと考えるとき、今考えれば、それは地面がコンクリートで舗装されているか否かであったような感じがしている。

 

また、幼少期によく用水路に入り、ザリガニやタニシをとって、家で飼っていた記憶がある。そんな用水路達も、最近では埋め立てられるようになってきた。かつての自分の遊び場であった水場は失われ、生き物たちはコンクリートで仕切られた光のない地下で生きることを余儀なくされている。

 

人工物によって侵食された自然からみた、世界はどんなものなのだろう。自然(災害)には逆らえないと言うが、自然もまた、人工物には逆らえないこともあるのではなかろうか。

あらゆるものが人間にとって最適化される人間中心的な未来の中で、人間と自然はどういう関係になるのだろう。

調和とは何を指していくのだろうか...。

「え、リモートじゃないの展(落合陽一教授監修)」: https://note.com/ochyai/n/nadda7aff67b9

プレスリリース: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001851.000000496.html

作品紹介note: https://note.com/dhmediaart/n/n1586867887a3

Exhibition:

落合陽一教授 監修 「え、リモートじゃないの?展」@御茶ノ水ソラシティ

Software:

Arduino

Duration:

1 week

Gallery:

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1